ごうけいほうもんしゃすう

2011年4月2日、気仙沼市

車内から撮影された気仙沼市の写真。
建物がしっかりと残っている郵便局と対照的に、はぎ取られてしまったコンビニエンスストアの看板が、これよりも高い位置まで津波が来たことをはっきりと示しています。


宮城県気仙沼市唐桑町鮪立

2011年4月2日 宮城県気仙沼市神山

パチンコ第一あたりの交差点。
ここは海から直線で1.5キロほど離れている。窓を開けると魚臭い。



大谷農協の建物

2011年4月2日 宮城県気仙沼市本吉町三島

国道45号線東浜街道、はまなす海洋館から大谷小学校に入る途中にある大谷農協の建物。
建物裏の瓦礫は、津波の引き潮で建物がせき止めたものと想像できる。



JR気仙沼線 大谷駅隣の大谷郵便局

2011年4月2日 宮城県気仙沼市本吉町

JR気仙沼線 大谷駅隣の大谷郵便局。
低い建物で開口部が少ないため通常の店舗のような損壊をしていないと考えられる。背側が海。



県道34号線45号バイパス下

2011年4月2日 宮城県気仙沼市西八幡町

県道34号線45号バイパス下。



鹿折歩道橋

2011年4月2日 宮城県気仙沼市中みなと町

鹿折歩道橋。
震災当日に起きた火災によって、焼けた瓦礫の匂いが立ち込めていた。



月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.