ごうけいほうもんしゃすう

仙台市内地滑り被害地域

2011年12月13日。
仙台市内で地滑りによる被害を受けた地域3箇所を訪れた。

■青葉区折立地区

折立地区入り口。

折立地区入り口

震災から9ヶ月。取り壊された家もあるが、未だに基礎から傾いたままの家も多い。 わたしたちが訪れた時には、取り壊し作業中の家屋が数件あった。 あちこちの家に立入禁止、危険判定の貼り紙が見える。

基礎から傾いた家

左手前の白い家は、背にした斜面へと滑り落ちようとしている。

崖の方へ滑り落ちる家
横から見た家の様子

水道が復旧しておらず、臨時の給水栓があった。

臨時水道管

道が隆起して波打っている。

波打つ道路

■青葉区西花苑地区

この斜面の裏側をはじめ複数の場所で大規模な地滑りが起きていた。地滑り面はブルーシートで覆われており、直接見ることはできなかった。

地滑り痕
ブルーシートで覆われた崖
ブルーシートで覆われている

■青葉区緑ヶ丘地区

早期に復旧工事の入った緑ヶ丘地区だったが、この時点でもいまだ手つかずの家屋が残っていた。

緑ヶ丘地区全景
傾いている家
塀が波打ち壊れている

電柱が傾いている。

傾いた電柱

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.