ごうけいほうもんしゃすう

2年3ヶ月後の名取市閖上地区の風景

宮城県名取市閖上新大塚、名取市登録文化財「あんどん松」付近。
東部道路の海側の田んぼに、稲が植えられていた。震災から2年が経過し、除塩作業が完了したようだ。

あんどん松付近の田んぼ

名取市閖上にある日和山。震災時は、山の高さを超える津波が押し寄せた。
日和山を訪れる人のために、駐車場、休憩所などの整備が少しずつ進められている。

閖上・日和山全景
閖上・日和山全景
日和山にブロックで「閖上」の文字が描かれる
日和山山頂・湊神社

日和山から見た閖上の風景。被災した建物は取り壊されたため、今は何も残っていない。

日和山から見た閖上の風景

日和山にほど近い、「佐々直」の笹かまぼこ工場。
閖上が復興するまでは、被災した工場は解体せず残しておくそうだ。

被災した佐々直の笹かまぼこ工場
被災した佐々直の笹かまぼこ工場
被災した佐々直の笹かまぼこ工場

多くの人が避難した閖上中学校。
校舎の時計は14時46分で止まったまま。
校舎内外の瓦礫は片付けられたが、壁には津波の痕跡を見る事ができる。

閖上中学校
閖上中学校
閖上中学校
閖上中学校

※この写真は、2013年6月15日、29日にNPO法人20世紀アーカイブ仙台が企画した「もう一度見てみよう3.11ツアー」に参加した際に撮影したものです。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.