ごうけいほうもんしゃすう

2011年3月12日の中野小学校

仙台市立中野小学校は、仙台新港の近く、七北田川沿いにありました。震災時に2階まで津波が押し寄せた校舎は、すでに取り壊されています。 3月11日は、子どもたちや近所の住民などおよそ500名が避難していました。翌日から自衛隊による救出活動が行われ、子どもたちや住民は無事避難する事ができました。

これらの写真は、避難活動が一段落した3月12日に、学校の先生方が撮られた中野小学校と学校近隣の様子です。

■3月12日の職員室

2011年3月12日の中野小学校職員室
2011年3月12日の中野小学校職員室

職員室は、物が散乱したままになっている。

■校庭側から見た校舎

中野小学校校舎
中野小学校校舎
中野小学校校舎
中野小学校校舎
中野小学校校舎

学校から避難する際に撮影。押し寄せた瓦礫が、2階の高さまで積み重なっている。後ろに見える黒煙は、仙台港コンビナートで発生した火災によるもの。

■七北田川沿いの様子

七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子
七北田川沿いの様子

路面が見えているのは、学校まで救助の車が通れるよう、すでに瓦礫がかき分けられていたため。

【関連記事】
【学校と震災】仙台市立中野小学校(1)
【学校と震災】仙台市立中野小学校(2)

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.