ごうけいほうもんしゃすう

仙台市民図書館の被災の様子 ー 当日から再開まで(1)

2011年3月11日から3月29日



せんだいメディアテークは、美術・映像文化の活動拠点であると同時に、ライブラリーも包含する複合施設です。東日本大震災では、2〜4階の仙台市民図書館や2階の情報ライブラリーも被害を受けました。それらが再開するまでの記録(1)です。

※この記事は、震災当時、復旧状況の情報発信をしていた特設ウェブサイトを基に構成しました。

■3月11日

14時46分、地震発生。来館者、職員約300人が緊急避難。けが人等なし。
揺れが落ち着いたところで、手分けして被害状況および危険箇所確認。立ち入り禁止区域の表示とパーティション設置。

【参考映像】当日の揺れの映像

〈2階:仙台市民図書館/児童書ルーム、おはなしのへや〉
子ども向けの図書を集めた「児童書ルーム」や、その奥の絵本読み聞かせなどに利用されていた「おはなしのへや」でも児童書や絵本等が落下・散乱するなどした。

図書館2F児童書

撮影:仙台市民図書館スタッフ

図書館2Fおはなしのへや

撮影:仙台市民図書館スタッフ

〈3・4階:仙台市民図書館〉
定禅寺通に面した大ガラス1枚が破損。本棚の本も多くが落下し、足の踏み場もない状態になった。

割れた定禅寺通側の大ガラス
割れた定禅寺通側の大ガラス
棚から本が落下した図書館の様子
棚から本が落下した図書館の様子
書棚から落下した本

撮影:仙台市民図書館スタッフ

書棚から落下した本

撮影:仙台市民図書館スタッフ

3階図書館パノラマ

撮影:越後谷出


4階図書館パノラマ

撮影:越後谷出

【参考映像】わすれン!ストーリーズ 038 仙台市図書館職員

■3月29日

〈3階:仙台市民図書館〉
開架図書の整理作業本格化。他館職員の応援も得て行われた。

落下した本を1冊ずつ戻して行く
落下した本を1冊ずつ戻して行く
整理作業を行った書棚
図書館内でスタッフミーティング

※撮影者名の記載がないものは、すべてせんだいメディアテークスタッフ撮影。

【参考記事】
せんだいメディアテーク被害状況
せんだいメディアテーク 再開へのあゆみ(1)(2)
せんだいメディアテーク 再開へのあゆみ(その後)



月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.