ごうけいほうもんしゃすう

3月12日はじまりのごはん/個人商店 72「損得関係なくみんなのために頑張って売ってくれたお店もあれば、牛乳1ℓを300円!!で売ってた路上販売もあった。」

NPO法人20世紀アーカイブ仙台 & わすれン!協働企画



この記事は、「3月12日はじまりのごはん」の展示期間中に来場者が貼ったふせんやパネルの様子を紹介するものです。展示された各パネルの概要は[いんでっくす]ページをご覧ください。

▼「3月12日はじまりのごはん」とは
▼ふせんのコメントについて



[2014年秋]展示パネル

1

[2014年秋]展示概要
期間:2014年10月1日〜11月16日
会場:せんだいメディアテーク



[2015年春]展示パネル

1
   ※[2014年秋]展示時のふせんが付いたパネルに、来場者がコメントを書き足したものです。

[2015年春]展示の様子
期間:2015年2月20日〜3月18日
会場:せんだいメディアテーク




[パネルに寄せられた来場者のコメント]
写真の内容や場所に直接関係のないコメントもあります。

▷↑こうやって損得関係なくみんなのために頑張って売ってくれたお店もあれば、牛乳1ℓを300円!! で売ってた路上販売もあった。こういう非常時にひとの品性って出るなぁと痛感した。

▷路上でヨーグルトを売っていました。三重だか和歌山だか、ずいぶん遠くから来てくれたんだなーと思ったけど1個300円でした。(普通の大きさで)食べたかったけどあきらめました。

▷遠くの方から来た果物のケースには産地の人達のメッセージが入っていた。もらっとけばよかった。

▷近くのスーパー、1h並んで入手したのは、オレンジ2コでした。

▷良心的なおねだんで売ってくれたところがあれば「ぼったくり」的ねだんのところもあった。良心的と言われる日本人にもいろいろいるってことだ。

▷在庫管理をシステム化していない、こういう街の小売店の動きは速かった。地震の次の日、土曜日には普通にお店を開けてました。足腰の弱い人達のためにも”車でスーパー”以外の選択はできるようにしておかないとね


ふせんのコメントについて
この展示には、仙台市内はもとより、沿岸部・内陸部、宮城県内外、国内・海外を問わず、大人から子どもまで、さまざまな立場の方々が来場され、展示された震災時の写真から想起したことを、ふせんに書いてくださいました。ここでは、その寄せられたコメントの原文を、そのまま掲載しています。





[基になった写真]

2011年3月21日齋藤高晴さん

2011年3月21日 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目
記録:齋藤高晴さん
提供:NPO法人20世紀アーカイブ仙台


この写真の記録者のエピソードは、次のリンクからお読みいただけます。
【しゃしんときじ】震災直後、仙台市青葉区での記録




ふせんのコメントについて
き出し、買い物、食卓の風景など、震災時の「ごはん」にまつわる写真を展示し、それらの写真を見て思い出したことや当時の暮らしぶりなどを、来場者に自由にふせん紙に書いてもらう参加型展示です。この展示は、NPO法人20世紀アーカイブ仙台と3がつ11にちをわすれないためにセンター(わすれン!)が協働で企画しました。
展示された各パネルの概要や利活用事例等は[いんでっくす]ページをご覧ください。





月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.