ごうけいほうもんしゃすう

南蒲生地区定点観測写真13〈仙台市宮城野区蒲生原屋敷〉

〈定めた点から観て測る〉2001年と2013〜2015年の南蒲生地区定点観測写真






1_1_2001年4月22日蒲生原屋敷
2001年4月22日     

1_2_2013年7月19日蒲生原屋敷
2013年7月19日     

1_3_2014年4月27日蒲生原屋敷
2014年4月27日     

1_4_2015年6月13日蒲生原屋敷
2015年6月13日     


津波に遭っても桜の木は残り、2014年、再び花を咲かせた。

Many plants, including cherry trees, were planted in the mansions along the old highway. Even though they were hit by the tsunami, the cherry trees are still standing, and they blossomed again in 2014.







近隣の撮影場所|





記録場所
宮城県仙台市宮城野区蒲生原屋敷25
(緯度 38.255167 / 経度 140.990250)
記録者
2001年    髙橋親夫
2013-2015年 特定非営利活動法人 都市デザインワークス




南蒲生地区定点観測写真について
これらの記録写真は、特定非営利活動法人 都市デザインワークスが専門家や地元住民と一緒に取り組む「みんなの居久根創出プロジェクト」の一環として、30年にわたり地元の街なみを記録し続ける髙橋親夫氏が震災前に撮影した南蒲生地区の写真を基に、同法人が震災後も同じ場所で撮影したものです。




月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.