ごうけいほうもんしゃすう

石巻市小渕浜五十鈴神社の津波の碑

牡鹿半島にある石巻市小渕浜の五十鈴神社。その鳥居の内側にも、沿岸部に数多く作られた昭和三陸地震津波の石碑がありました。



▲2011年7月16日/記録者:越後谷出

鳥居の奥、左の白い建物の前に建つ左から二番目がその石碑。



▲2011年7月16日/記録者:北野央


「昭和八年三月三日 大震嘯記念」という題字が右から左に読む形で記されています。
大震嘯(だいしんしょう)とは大津波のことを意味していると考えられます。
中央部分には大きく

「一 地震があつたら津波の用心
 一 津波が来たらこれより高い所へ
 一 危険区域内に住居をするな」
と記されています。

東日本大震災ではこの石碑の場所まで津波が来たようですが、「これより高い所」にある五十鈴神社の社殿までは来なかったようです。


碑文を拡大したところ
▲2012年1月15日/記録者:越後谷出




▲2012年1月15日/記録者:越後谷出


2012年1月に再び訪れると、背後の建物はすでに撤去されており、石碑だけが残っていました。



【参考リンク先】
国土交通省 東北地方整備局 道路部 「津波被害・津波情報アーカイブ」

【関連記事】
石巻市小渕浜:五十鈴神社御祭典
石巻市小渕浜:五十鈴神社御祭典・その一、五十鈴神社にて

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.