ごうけいほうもんしゃすう

2011年3月17日から18日の仙台~石巻往復の記録

石巻市にご実家のある大林さんは、お兄さんとともに2011年3月17日、自転車で仙台から石巻へ向かいました。
この記事は大林さんの撮影した写真とお話をもとに、記事として作成したものです。



■2011年3月17日 往路 石巻大街道
2011年3月17日 12時ごろ 石巻市
奥が大林さんの自転車。


石巻市大街道。地割れの道路に板の橋が渡してあった。

石巻市あけぼの一丁目付近



■2011年3月18日 石巻市内の様子 南浜、門脇、日和が丘。門脇小学校近く。燃え残った屋根の上を歩いた。

奥に日和大橋、石巻市立病院、石巻市民センターが見える。



横から見た門脇小学校には津波や火事の跡は見えず、裏のお墓も倒れていなかった。

宮城県石巻市門脇町4丁目2-11
門脇小学校正面。

学校から山への階段。階段下との光景にギャップがあった。

石巻中学校。

石巻中学校に張ってあった安否確認のための張り紙。

日本製紙石巻工場社宅近く(宮城県石巻市南光町1丁目)
この坂の下まで津波が来た。



■2011年3月18日 復路




石巻市 大街道
自転車で板の橋を乗り越えた。

名取川。川岸の物は漂流物だったのだろうか。

お兄さんの自転車はマウンテンバイク。

一泊二日の行程をがんばった大林さんのママチャリ。(お兄さんのマウンテンバイクと性能の差がありすぎて大変だった)

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.