ごうけいほうもんしゃすう

<終了>星空と路-はじまりのとちゅう-(2014年)

3がつ11にちをわすれないためにセンター上映室

共同募集チラシ表
schedule


あの日から3年。復旧・復興への途は一様ではなく、日常を取り戻しつつある人もいれば、ようやく震災と向き合いはじめた人もいます。「3がつ11にちをわすれないためにセンター(略称:わすれン!)」の参加者は、ビデオカメラなどの技術や経験の有無にかかわらず震災からの日々を記録してきました。一人ひとりの想い、言葉、変貌していく地域の姿を残したい——「わすれン!」参加者が撮影した映像群が語るのは、単なる震災の被害状況だけではありません。個々のまなざしで記録された映像を通じて、これまでの道程とこれからの歩みを考える時間を過ごすことができればと思います。

にちじ
2014年2月28日(金)13:30~20:00
2014年3月1日(土)17:45~20:50
2014年3月2日(日)9:30~18:20
ばしょ
せんだいメディアテーク7F スタジオシアター
さんか
入場無料・申込不要・出入自由
(各イベントの詳細は館内、各関連施設内の配布チラシをご覧ください。)
この上映は、「としょかん・メディアテークフェスティバル-対話の可能性-」のプログラムの1つです。

2月28日(金)

13:30〜
『気仙沼・第十八共徳丸の解体風景』9分/2013年
〔制作〕3がつ11にちをわすれないためにセンター
〔撮影地〕宮城県気仙沼市西みなと町

13:45〜
『経路研究所 ケース@福島県相馬郡新地町』33分/2011-2013年
〔制作〕3がつ11にちをわすれないためにセンター
〔撮影地〕福島県新地町

14:25〜
『わすれン!ストーリーズ』17分/2011年
〔制作〕3がつ11にちをわすれないためにセンター
〔撮影地〕宮城県仙台市若林区・宮城野区・青葉区

14:50〜
『七ヶ浜のある農地が耕される様子/海としごと 星のり店』40分/2011年
〔制作〕3がつ11にちをわすれないためにセンター
〔撮影地〕宮城県七ヶ浜町

15:35〜
『生きられる家 七ヶ浜町/仙台市宮城野区蒲生』35分/2011年
〔制作〕3がつ11にちをわすれないためにセンター
〔撮影地〕宮城県七ヶ浜町、仙台市宮城野区蒲生

16:20〜
『intéressée —アンテレッセ—』82分/2012年
〔監督〕Yako Kimura
〔撮影地〕岩手県/宮城県/東京都/アメリカ サンディエゴ

18:00〜
『仙台のがれき撤去』65分/2011-2013年
〔監督・撮影〕高野裕之
〔撮影地〕宮城県仙台市宮城野区・若林区

19:15〜
『米崎町のりんご農家の記録』42分/2011-2013年
〔監督〕小森はるか
〔撮影地〕岩手県陸前高田市



3月1日(土)

17:45〜
『迷走する熊の子のその後』30分/2013-2014年*
〔制作〕中谷可奈
〔撮影地〕宮城県南三陸町、気仙沼市、仙台市/大阪府大阪市 他

18:30〜
『Tango Karamarito(試作版)』70分/2013-2014年*
〔監督〕Yako Kimura
〔撮影地〕アメリカ サンディエゴ/フランス パリ、ナルボンヌ/イタリア ベネチア

19:50〜
『うぶこえトーク Shing02『僕と核』報告会 in 仙台』60分/2012年
〔制作〕うぶこえプロジェクト
〔撮影地〕宮城県仙台市青葉区 



3月2日(日)

09:30〜
『福島の光景』50分/2013-2014年
〔制作〕岩崎孝正
〔撮影地〕福島県浪江町請戸、飯舘村、南相馬市小高町、富岡町

10:30〜
『福田十二神楽』40分/2013-2014年
〔制作〕岩崎孝正
〔撮影地〕福島県新地町福田地区

11:25〜
『筆甫・宮城県南からの声』45分/2013-2014年*
〔制作〕刈田路代
〔撮影地〕宮城県丸森町筆甫

13:10〜
『沿岸部の風景』90分/2011-2014年*
〔監督〕鈴尾啓太
〔撮影地〕岩手県大槌町、大船渡市、陸前高田市/宮城県南三陸町、女川町、石巻市、名取市/福島県南相馬市

15:00〜
『夕潮の帰り道 vol.2』24分/2013年
〔監督・撮影〕高野裕之
〔撮影地〕岩手県盛岡市、宮古市

15:35〜
『閖上録』90分/2012-2014年
〔制作〕細谷修平
〔撮影地〕宮城県仙台市、名取市

17:20〜
『息の跡 ラフカット版』60分/2013-2014年 *
〔監督〕小森はるか
〔撮影地〕岩手県陸前高田市

*現在、制作プロセスにある映像

※ 各作品の上映内容は、上のチラシ部分をクリックすると(またはこちらから)ご覧になれます。


[2014年1月31日 公開、2016年1月10日 更新]

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.