ごうけいほうもんしゃすう

<終了>札幌国際芸術祭の連携事業『自然史ー北海道/福島/徳島+福島の光景 展』にて「福島の光景」が展示されます。

岩崎孝正さんの映像作品(わすれン!参加者)

札幌初の国際的なアートフェスティバルである「札幌国際芸術祭2014」が、2014年7月19日(土)から開催されています。その連携事業となる『自然史ー北海道/福島/徳島+福島の光景 展』にて、わすれン!参加者の岩崎孝正さんの映像作品『福島の光景』と『村に住む人々』が展示/上映されます。
※岩崎孝正さんの『福田十二神楽~2013年5月の祭~』など、他の映像作品はこちら

《自然史ー北海道/福島/徳島+福島の光景 展》
会期:2014年7月19日 - 8月5日
休館日:日曜祝日
時間:11:00〜19:00
会場:CAI現代芸術研究所 札幌市中央区北1条西28丁目2-5


『福島の光景』

津波で跡形も無くなった土地、地震で倒壊した家屋、原子力発電所の事故により人の営みが消えた村や町――。カメラに映しだされた風景は、3.11以降、私たちに起きた出来事の内省を迫る。風景は、福島のいまを、「被災地」の現状を、静かに語る。

《関連イベント》
◎『村に住む人々』の上映会
日時:7月30日(水) 14:00〜16:00
会場:同展示会場にて
料金:カンパ(上映協力金として)


◎クロストーク「札幌と福島」
日時:7月30日(水) 19:00〜21:00
会場:同展示会場にて
※岩崎孝正さんはパネリストとして参加予定

※スケジュールは変更になる場合もあります。展示に関する詳細は公式HPをご参照ください。
【公式HP】http://cai-net.jp/currentexhibition/#post-2047"

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.