ごうけいほうもんしゃすう

記録と想起・イメージの家を歩く

記録と想起WEBバナー-01

会期   2014年11月15日(土)から 2015年1月12日(月)まで
     ※ 11月27日および12月29日から1月3日は休館
公開時間 11時から20時
会場   せんだいメディアテーク6階ギャラリー4200
入場料  一般(大学生・専門学校生含む)100円、高校生以下無料
     (豊齢カード、障がい者手帳をお持ちの方は半額)

『記録と想起・イメージの家を歩く』とは
「3がつ11にちをわすれないためにセンター」の記録を活用した展覧会。インターネットを基盤とした震災のアーカイブに収められた記録データを、台所や寝室など生活空間を模した空間に展示することで、記録がもつさまざまな表情を引き出します。

【関連ページ】
▶展示会趣旨    ▶展覧会参加作家    ▶チラシ

主催:公益財団法人 仙台市市民文化事業団
助成:財団法人 地域創造 芸術文化振興基金
後援:一般財団法人 地域創造、芸術文化振興基金 後援:NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、
   ミヤギテレビ、KHB東日本放送、河北新報社、朝日新聞仙台総局、読売新聞東北総局、
   毎日新聞仙台支局、産経新聞東北総局、仙台リビング新聞社、せんだいタウン情報S-Style、
   エフエム仙台、ラジオ3


[2014年10月15日公開]

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.