ごうけいほうもんしゃすう

〈終了〉【ラウンジ展】定めた点から観て測る(2016春)

定点チラシ

震災が、どのような被害をもたらしたのか。 震災後、どのように変化してきたのか。これらの視点を軸に、さまざまな立場の人びとが記録した定点観測写真を紹介するシリーズ「定めた点から観て測る」。
今回は、2015年度に撮影された記録も加えて展示します。

期 間:2016年3月9日(水)− 5月5日(木)9:00〜22:00
※3月24日(木)、4月28日(木)は休館
会 場:せんだいメディアテーク 7F ラウンジ


主 催:3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)
記録者:3.11仙台市民アーカイ部、越後谷出、「オモイデピース」製作プロジェクト、瀬尾夏美、髙橋親夫、特定非営利活動法人 都市デザインワークス、まちかど公共研究所、まちづくり部、わすれン!など
協 力:NPO法人20世紀アーカイブ仙台
助 成:一般財団法人 地域創造


問い合わせ
3がつ11にちをわすれないためにセンター
仙台市青葉区春日町2-1
TEL 022-713-4483/FAX 022-713-4482


[2016年2月20日 公開]

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.