ごうけいほうもんしゃすう

障がい者グラフィティ 第11回「『こんなのあったらいいな』を話し合う広場」

障がいがある人たちが日ごろから抱えていた様々なバリアは、今回の震災でより深層化、顕在化しました。でも、そこで身につけた知恵やアイディアで、日常に活かせたり、今後の災害への準備をすることができました。私たちの生活がもっと良くなるように、「こんなのあったらいいな」を皆さんで持ち寄り、語り合いましょう。

にちじ
2012年8月6日(月)14:00〜16:00
ばしょ
せんだいメディアテーク 1階 オープンスクエア
ホスト
伊藤清市(NPO法人ゆにふりみやぎ 代表)
及川智(CILたすけっと 代表、被災地障がい者センターみやぎ 代表)
しゅさい
NPO法人ゆにふりみやぎ
CILたすけっと
3がつ11にちをわすれないためにセンター
きょうりょく
被災地障がい者センターみやぎ
考えるテーブル

※本映像はUstreamで放送したものを、Youtubeでアーカイブ配信しています。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.