ごうけいほうもんしゃすう

037 元足場土工

高橋栄樹(たかはし ひでき)さん

【わすれン!ストーリーズ】
震災当日は、自宅の作業場で牡蠣の養殖の準備作業をしていました。自宅の標高が約12m と認識していたので、一時避難場所として自宅の裏山を選択しました。 震災後は仙台の建築現場で足場工として働きました。 建築に携わることで復興に向かう意識が高まったと思います。

【関連記事】
南三陸町歌津字寄木 津波到来2日前とその後
海と津波のはなし 高橋七男さん

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.