ごうけいほうもんしゃすう

地底の森ミュージアム「それでも生きる!考古学から見る災害のあと」

2012年秋、地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)は企画展 「それでも生きる! 考古学からみる災害のあと」を開催しました。今回の東日本大地震は1000年に一度の災害といわれていますが、現在も残っているさまざ­まな遺跡にも、私たちの祖先が受けた自然災害の痕跡が数多く残っています。
先人たちがどのように自然災害の脅威と向き合ってきたのか。そ­して私たち現代人は、どのように先の震災を記憶にとどめ、未来に残していくべきなのか­。今回の展示がそれらを考えるきっかけになればと企画した学芸員の中谷可奈さん­にお話を伺いました。


取材協力:地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館) http://www.city.sendai.jp/kyouiku/chiteinomori/

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.