ごうけいほうもんしゃすう

【DVD収録作品紹介】福島の光景

わすれン!DVD第3弾

福島の光景 岩崎孝正

制作者コメント:
津波で跡形も無くなった土地、地震で倒壊した家屋、原子力発電所の事故により人の営みが消えた村や町――。カメラに映しだされた風景は、3.11以降、私たちに起きた出来事の内省を迫る。風景は、福島のいまを、「被災地」の現状を、静かに語る。

制作:
岩崎孝正

撮影年月日・撮影地:
2013年8月9日—2013年12月19日(福島県飯舘村・南相馬市・浪江町・富岡町)

収録:
50分

制作年:
2013—14年


【視聴者のこえ】


・福島県浜通りは原発事故のため3年もたつのにまだ震災直後のままだと感じさせられた。立入禁止区域などで撮影は大変だったろうと思います。(2014年3月上映会)

・波の音、風の音、虫の声、静かなほとんど生活音のなくなった光景!!時々走る車、調査をしている人のちょっとした動き以外は。あの3.11までは、あたりまえのように人々が日々の暮らしをしていたことがわかり、一瞬のうちに全て無残に打ちくだかれ、おまけに放射能汚染で再起不可能な状態になっている。何ともくちおしい!!静かな、淡々と進む映像にその悲惨さが迫る。(2014年3月上映会)

・反原発を声高に主張するような作品ではない「箪甫…」「福島の光景」「村に住む人々」などの作品を原発立地周辺の皆さんにぜひ届けてほしいです。必要!と考えている人にみてほしい。(2015年2月上映会)

・放射能汚染によってたくさんの人々を苦しめ、多くの人々の故郷を壊滅させてしまった原発に憤りを感じました。(2015年2月上映会)


本作品は、せんだいメディアテーク 2階 映像音響ライブラリー/視聴覚教材ライブラリーにて、貸出・視聴サービスをご利用になれます。

DVDの貸出状況のご確認には、仙台市図書館ウェブサイトの資料検索をご利用ください。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.