ごうけいほうもんしゃすう

【DVD収録作品紹介】村に住む人々

わすれン!DVD第5弾

村に住む人々―岩崎孝正

このDVDは、3がつ11にちをわすれないためにセンター参加者である岩崎孝正さんが、2011年3月から2014年5月にかけて自身の故郷である福島県相馬市磯部地区をめぐり記録した映像です。

制作者コメント:
僕の生まれ育った村は海になっていた――東京での被災、郷里の相馬市磯部に戻り、家族や安否確認で出会う友人たちにあの日からのことを問いかける。 そして3年。 僧侶の父が執り行う法要、先輩後輩らが奉納して回る神楽。営みを続ける地域の姿を記録していく。

制作:
岩崎孝正

撮影年月日・撮影地:
2011年3月―2014年5月(福島県相馬市)

収録:
48分

制作年:
2014年


【視聴者のこえ】


・友人に話をきいて回るシーンでは冷や冷やしてみていました。対応する姿に、間接的に旧知の関係が見えて考えさせられました。(2015年2月上映会)


本作品は、せんだいメディアテーク 2階 映像音響ライブラリー/視聴覚教材ライブラリーにて、貸出・視聴サービスをご利用になれます。

DVDの貸出状況のご確認には、仙台市図書館ウェブサイトの資料検索をご利用ください。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.