ごうけいほうもんしゃすう

シリーズ : 生きられる家

津波の被害にあった家や土地。そこに住む人々の復旧・復興のプロセスを記録します。


■住まいの記録

「家はパァーって……流されて無いんだ」と語ってくれた仮設住宅に住む元漁師の人は、太平洋戦争の空襲でも家を失っており、「こんなんなったの二度目」と教えてくれました。
家屋の基礎だけが残る地域では、跡地に廃材で小屋を建て日中を過ごす人や、土を耕し、きゅうり・ナス・ゴーヤーなどの野菜を育てる人もいます。また、家を元の場所に再建できる地域では、ボランティアの支援で家を修復する人もいます。
彼らのことばや姿から、暮らしていた家や土地が特別な意味をもつことが伝わります。

住まいの記録

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「住まいの記録(p80-81)」の解説より




【生きられる家】渡辺さん―移転、そして新たな小屋―

【生きられる家】渡辺さん―移転、そして新たな小屋―

震災で発生した津波によって家を流され、流失した建材や調度品で自宅の跡地に小屋を建てた渡辺さん。2014年にその土地を売却し、やや内陸寄り...

Read more
【生きられる家】蒲生 渡辺さん宅

【生きられる家】蒲生 渡辺さん宅

宮城県仙台市宮城野区蒲生地区津波によって、このエリアは大きな被害を受け、多くの住宅が押し流されました。震災以前、七北田川の河口北側に広が...

Read more
【生きられる家】蒲生地区 渡辺さん宅 その後の断章

【生きられる家】蒲生地区 渡辺さん宅 その後の断章

宮城県仙台市宮城野区蒲生地区2013年2月3日。津波によって流された家を復元している渡辺さんを再び訪れ、お話を伺いました。昭和30年頃は...

Read more
【生きられる家】七ヶ浜 渡辺さん宅

【生きられる家】七ヶ浜 渡辺さん宅

震災以前、菖蒲田浜の海岸線と平行に走る県道58号線沿いには、数多くの民家や店が並んでいました。その一画にあった渡辺さんの自宅や工場も、こ...

Read more
【生きられる家】

【生きられる家】

海の近く、貞山堀と七北田川に囲まれたこの土地で代々受け継がれてきた二瓶(にへい)さん宅は、このたびの津波により大きな被害を受けました。天...

Read more
【生きられる家】岡田地区 吉田さん宅

【生きられる家】岡田地区 吉田さん宅

仙台市宮城野区岡田地区。海沿いのこの土地に代々住み続けてきた吉田さんは、同じ敷地内に所有する3つの家が津波によって大きな被害を受けました...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.