ごうけいほうもんしゃすう

シリーズ : 経路研究所

3月11日に、地震発生から津波が来るまでをどのように過ごしたか。そこからより高い場所へ避難し、救助されるまでの出来事を時系列で整理することで、津波に遭遇した方々の避難経路を研究します。


■より高いところへ

「何mの高さの津波が来る」と耳にしても、津波の本当の恐ろしさをすぐには想像することができなかったと言う人もいます。また、津波を目の当たりにしたある人は、まるで黒い壁のようだったと語ります。
仙台の沿岸部にある海岸公園冒険広場のスタッフは、「バキッ、バキィ、バキッ」という、松の防風林を折り倒す音が迫る中、公園で一番標高の高い展望台へと逃れました。
広場のやや北に位置する仙台市立荒浜小学校では、本震から約1時間後に津波が到達しましたが、2010年には、地震が起きたらすみやかに屋上へと避難する訓練を行っていたこともあり、学校に避難していた人びとは無事でした。

聞き描き
聞き描き

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「より高いところへ(p20-23)」の解説より




【経路研究所】ケース@福島県相馬郡新地町 後編

【経路研究所】ケース@福島県相馬郡新地町 後編

車で祖母と避難した武澤さんは、一度は役場へ到着するものの、祖母がアイロンのスイッチを消し忘れたと不安になり、それを確かめに再び自宅へ戻る...

Read more
【経路研究所】ケース@福島県相馬郡新地町 前編

【経路研究所】ケース@福島県相馬郡新地町 前編

海の目の前に住んでいた武澤さん。激しい地震の中、倒れてきた本棚に死を覚悟しました。地震から数分後に、町の防災無線を通じて「大津波警報」が...

Read more
【経路研究所】 ケース@宮城県七ヶ浜町菖蒲田浜

【経路研究所】 ケース@宮城県七ヶ浜町菖蒲田浜

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。仙台港の北部に位置する七ヶ浜町の海沿いに県道58号がはしっています。星利成さんが経営す...

Read more
【経路研究所】 ケース@仙台市立荒浜小学校

【経路研究所】 ケース@仙台市立荒浜小学校

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。海岸から約700mの場所に位置する荒浜小学校。地震発生から津波が到達するまで、実際は7...

Read more
【経路研究所】 ケース@東松島市大曲浜保育所 前編

【経路研究所】 ケース@東松島市大曲浜保育所 前編

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。東松島市大曲浜保育所で2歳と3歳の子どものクラスを担当していた百々静香(どど しずか)...

Read more
【経路研究所】 ケース@東松島市大曲浜保育所 後編

【経路研究所】 ケース@東松島市大曲浜保育所 後編

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。避難する途中で車を乗り捨てた百々さんは、子どもの手を引いて走りました。急いで校舎の3階...

Read more
【経路研究所】 ケース@雄勝小学校 前編

【経路研究所】 ケース@雄勝小学校 前編

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。宮城県石巻市の雄勝小学校に集まった人々は、津波がきたとき、学校の裏山を越えて避難しまし...

Read more
【経路研究所】 ケース@雄勝小学校 後編

【経路研究所】 ケース@雄勝小学校 後編

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。雪の降る中山道を登り避難した人々は、その日の晩を山の上にあるクリーンセンターで過ごしま...

Read more
【経路研究所】 ケース@仙台市若林区井土(海岸公園冒...

【経路研究所】 ケース@仙台市若林区井土(海岸公園冒...

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。リヤカーを押しながら、木々をなぎ倒していく津波の音を聞いた二人は、ひとまずリヤカーを止...

Read more
【経路研究所】 ケース@仙台市若林区井土(海岸公園冒...

【経路研究所】 ケース@仙台市若林区井土(海岸公園冒...

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。当日の来園者は約20名でした。来園者の避難を終えスタッフ2人で園内の確認をしていると、...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.