ごうけいほうもんしゃすう

仙台のこえ – 40代、男性、団体職員、荒浜

リアルふっこうボイス 第16回 ~仙台のこえ第2~

image

一年経って

逆にね、落ち着いてしまったがために、何とも言えないんですけど、まぁまちづくりっていう所からすると、まぁ2、3年、3,4年先なのかなって考えてるし、まぁとりあえず子どもがメインなのかなって、今考えて生活してるんですけどね。




安定した生活

うちの子は今度小学校卒業するから、まぁ中学校行ってって形になるけども、逆に子ども達なんかも今はスクールバスで通っているわけだけども、中小学校の存続が全然、話一切話されていない中でどうなんの。再開できんの。荒浜・中野はほとんど再開できる見通し無いでしょう。




親の住まい

宅地造成もされてないんだから、3、4年先にはなるわけだろうから、やっぱ新しい家で生活していきたいっていうのはあるわけでしょうし、それだと、ねぇ、決められた坪数の中で一緒に生活するだけの家を建てられるのかっていう、まぁまずありえないだろうなと。




復興まちづくり

復興先の話だって、基本的にはみんな色々な意見出てくるでしょうし、やっぱり私の中ではやっぱり、えー、無理な要求してる人も多いなっていう気がしてるわけなので。




意向調査の回答

自分の中で方向性決めないことには何も進まないので、結局自分が決めなければ誰も決めてくれないんで。話聞いてるとみんな他人任せっていう状況で。




葛藤の中で

決めて動かないことには何も始まんないと思いますね。いろんな問題は抱えるけども、まずあなたはどうしたいのって所から。支援を求めるだけだったら、その場で終わってしまうわけだから。



LINK:リアルふっこうボイス 第16回~仙台のこえ第2~
※本ページの音声記録の一部は、上記のUSTREAM放送で紹介しています。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.