ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : 桜

大きな余震のせいで、もう一度、自宅や職場などを片付けることになり、これまでの疲れが一気に出ました。この頃には、仙台市内の復旧が遅れていた地区でも都市ガスが使えるようになり、ようやく自宅のお風呂に入れた人もいたようです。
震災前のようにガスや水道が自由に使えるようになっても、毎日続けていたお風呂やトイレでの節約は既に習慣になっていました。相変わらず余震が続く日々に、ずっとこのままなのだろうかと思っていた頃、桜が咲きました。
それでも時は進み、春が来るのだと思えました。

桜

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「桜(p38-39)」の解説より




僕は、被災していない

僕は、被災していない

記録者:柳田 創30代、FtMトランスジェンダー、青森県弘前市在住。性同一性障害としてホルモン治療を受けており、男性として生活。家族や友...

Read more
桜|Sakura Sendai April 2013...

桜|Sakura Sendai April 2013...

私は震災からの2年間で、沿岸部の風景や震災体験のインタビュー、仕事で携わっていた復旧工事の様子を映像で記録してきました。リンク:高野裕之...

Read more
津波で倒れた木と桜花

津波で倒れた木と桜花

語り手:衞藤雅之/進行・聞き手:佐藤正実さん(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)■ダイエーに並ぶ行列2011年3月23日 仙台市青葉区中...

Read more
仙台市内の状況

仙台市内の状況

2011年3月15日 SS30ビルの折れたアンテナ 2011年3月20日 剥離した壁面の落下防止ネット 2011年3月17日 仙台駅前 ...

Read more
桜

4月になり、桜が咲いた。川沿いにふんわりと咲いた桜を見ていると、世界はいつもどおり回っているのだという実感がじわりとしみた。地震も津波も...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.