ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : 展示と資料室

せんだいメディアテーク7Fのラウンジでは、定期的に参加者さんの活動を紹介する展示を開催しています。
震災から時間が経過してもなお、記録し続ける彼・彼女らの活動をご覧ください。
また、毎年3月頃に上映会とともに開催する「星空と路−資料室−」においても、参加者さんの1年の活動をまとめて紹介しています。これらの展示を通して、わすれン!のウェブに蓄積された震災の記録を掘り起こし、改めて「見る」「考える」場をつくっています。

これまでのラウンジ展示や「星空と路−資料室−」で作成した展示パネルの一部を、せんだいメディアテーク2Fの映像音響ライブラリーにて貸出しております。さまざまな場所で展示され、利活用されることを望んでおりますので、こちらもぜひご利用ください。
<終了>3.11定点観測写真アーカイブ・プロジェクト...

<終了>3.11定点観測写真アーカイブ・プロジェクト...

▼(上)2011年3月16日/(下)2012年4月29日津波痕の残る塩釜亘理線。標識でやっと場所が判別できる程度。(芳賀朋之さん)震災直...

Read more
【終了】としょかんメディアテークフェスティバル〜みん...

【終了】としょかんメディアテークフェスティバル〜みん...

わすれん!上映作品スケジュール2012年度にメディアテークで行われた活動やその成果を紹介するイベントが、3月1日(金)〜3日(日)に開催...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.