ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : はじめてのビデオカメラ

震災による身の回りの小さな変化に気がつき、初めてビデオカメラを手にした人たちもいます。
丘陵地に住むある人は、散歩中に電柱が日々傾き続けていることに気づき、記録を始めたことを契機に宅地被害の実態と復旧の道程までをも映像に収めました。
そして、ある大学生は、原発のデモを目にしたまちの人びとにどう考えているのかを、また、放射線量が高い地区に住むある人は、地元の人びとになぜこの土地に住み続けるのかなどを、ビデオカメラを通して問いかけます。
さらに、親しい友人にビデオカメラを向けたことで、津波で家族を失っていることを初めて知らされ、震災の被害を共有することの難しさに気づいた人もいます。

はじめてのビデオカメラ

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「はじめてのビデオカメラ(p68-69)」の解説より




【DVD収録作品紹介】筆甫 宮城県南からの声

【DVD収録作品紹介】筆甫 宮城県南からの声

制作者コメント:私が仙台から移住し、宮城県丸森町筆甫の大自然の中で生活を始めて2年が経った頃、東日本大震災は起きた。原発事故では福島県と...

Read more
【DVD収録作品紹介】過去を見直して、今を見つめる

【DVD収録作品紹介】過去を見直して、今を見つめる

制作者コメント:あの日、感じたことは何だったのだろうか。時の流れと共に薄れゆく記憶の中に、刻まれた忘れられない想いがある。思っていてもな...

Read more
【DVD収録作品紹介】声の届き方

【DVD収録作品紹介】声の届き方

【映像制作者コメント】2011年11月13日に行われた "「さよなら原発1000万人アクション」Inみやぎ" という...

Read more
【DVD収録作品紹介】傾いた電柱ー高野原団地 宅地被...

【DVD収録作品紹介】傾いた電柱ー高野原団地 宅地被...

【映像制作者コメント】東日本大震災による内陸部の宅地被害は4,031戸。行政の支援策が具体化しないまま半年以上が過ぎ、多くの被災者は自宅...

Read more
傾いた電柱

傾いた電柱

東日本大震災による内陸部の宅地被害は4,031戸。行政の支援策が具体化しないまま半年以上が過ぎ、被災者は傾いた自宅を修繕することもできず...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.