ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : 記録する動機

震災直後、用もなく沿岸部に行くことはためらわれました。でも、震災前によく行った海辺のまちがどうなったかが気になりました。
ある人は、震災から10日後、車のダッシュボードにビデオカメラを固定し、「記録する」という使命感のもと、内陸部の自宅から沿岸部各地を巡って津波被害の様子を撮影しました。またある人は、発災から2カ月後の沿岸部で復旧の早さを目の当たりにし、沿岸部の「いま」を記録する必要を感じたといいます。
失われた風景の跡をさまよいながら記録を続ける画面からは、記録者の息づかいが確かに感じられます。

記録する動機

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「記録する動機(p66-67)」の解説より




【DVD収録作品紹介】車載映像 2011.6.10 ...

【DVD収録作品紹介】車載映像 2011.6.10 ...

【映像制作者コメント】この映像を撮った直後、内容を確認しながら一緒に眺めていた知人から「どうして人間が出てこない映像ばかりなの? 怖いの...

Read more
【DVD収録作品紹介】どうか記憶よ離れないで

【DVD収録作品紹介】どうか記憶よ離れないで

【映像制作者コメント】近くて好きだった土地が,あの日から遠くて近寄りがたい彼の地になりました。他人事の再生にしないために,破壊から見つめ...

Read more
【DVD収録作品紹介】車載映像 2011.3.27 ...

【DVD収録作品紹介】車載映像 2011.3.27 ...

【映像制作者コメント】昔、真冬の東北自動車道で遭難しかけた経験があります。走行中にエンジン不良が発生したため、最寄りのパーキングエリアに...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.