ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : 石碑

津波の被害に遭った沿岸部を訪ねると、明治・昭和の三陸大津波の被害や教訓を今に伝える石碑を見かけることがあります。
牡鹿半島に位置する石巻の小渕浜地区の五十鈴神社にも、本殿の建つ高台へ向かう参道脇の石碑に次のような文字が彫られていました。
  一 地震があったら津波の用心
  一 津波が来たらこれより高い所へ
  一 危険区域内に住居をするな
こうした警句を伝える石碑の数々は、今回は津波が到達せず無事だったものもあれば、津波で倒されそのままになっているもの、刻まれた文字が歳月を経て摩耗し読みにくくなっているものなど、場所によってさまざまな様子がみられます。

石碑

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「石碑(p48-49)」の解説より




5年6カ月後の藤塚

5年6カ月後の藤塚

仙台湾に沿って流れる貞山運河・新堀。その河口部に位置する藤塚を、震災から5年半を経た、ある雨の日に訪ねた。■船溜と井土浦の干潟藤塚の集落...

Read more
仙台市沿岸部の震災記念碑(中野地区)

仙台市沿岸部の震災記念碑(中野地区)

快晴となった2016年8月11日、仙台市宮城野区に位置し、津波により大きな被害を受けた中野地区で、「中野地区地域モニュメント」(仙台市震...

Read more
萱浜の記憶

萱浜の記憶

萱浜で生まれ育った上原義直さん。東日本大震災が起こるずっと前から地域のことを調べ続けてきた上原さんに2011年におきた震災当時の様子を伺...

Read more
気仙沼大島の津波の碑

気仙沼大島の津波の碑

宮城県気仙沼市に属する離島、大島は、近代以降においては明治三陸地震津波、昭和三陸地震津波などを経験しています。島であることからか、「みち...

Read more
閖上に残る津波の碑

閖上に残る津波の碑

閖上には、その名の由来のひとつに、平安時代の貞観地震の際、浜に十一面観音像が「ゆりあげられた」ため「ゆりあげ浜」と呼ばれるようになったと...

Read more
藤塚 五柱神社

藤塚 五柱神社

名取川の左岸、閖上の北側に位置する70軒ほどの家が密集していた藤塚(ふじづか)という古い集落には、五柱(ごちゅう)神社という神社がありま...

Read more
名取川沿いに残る昭和三陸津波の到達碑

名取川沿いに残る昭和三陸津波の到達碑

昭和8年3月3日の地震で発生した大津波も東日本大震災の津波と同じく川を逆流しました。宮城県の仙台市・名取市を経て仙台湾にそそぐ名取川河畔...

Read more
大島寸景

大島寸景

2011年8月28、29日の気仙沼大島。大島に到着したフェリーからの眺め。大島へは気仙沼よりフェリーで30分ほど。港にがれき置き場が見え...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.