ごうけいほうもんしゃすう

参加者 : 伊藤照手(東北大学文学部文化人類学/東北大学学友会演劇部)

震災を機に、私たちの普段の生活がどのように成り立っているのか、ということについて考えるようになりました。核燃サイクルに反対する市民活動のフィールド調査を行いつつ、この先どのような生活の復旧・復興があるのかを考え、記録をすることでいろいろな人に関わっていきたいと思っています。
記録と想起・イメージの家を歩く

記録と想起・イメージの家を歩く

会期   2014年11月15日(土)から 2015年1月12日(月)まで     ※ 11月27日および12月29日から1月3日は休館...

Read more
わすれン!DVD第2弾が完成しました

わすれン!DVD第2弾が完成しました

画像撮影:小岩勉わすれン!参加者が記録した映像作品のDVD第2弾が完成しました。DVDは、2014年4月29日よりせんだいメディアテーク...

Read more
【DVD収録作品紹介】HaTiDORi

【DVD収録作品紹介】HaTiDORi

制作者コメント:震災後、広い世代のより多くの人に原発・放射能の問題を考えるきっかけを持ってもらいたいと、みんなが集って話し合える『HaT...

Read more
【DVD収録作品紹介】声の届き方

【DVD収録作品紹介】声の届き方

【映像制作者コメント】2011年11月13日に行われた "「さよなら原発1000万人アクション」Inみやぎ" という...

Read more
<終了>サロン・ド・わすれンヌ「HaTiDORi」

<終了>サロン・ド・わすれンヌ「HaTiDORi」

原子力ってなに?放射能ってなに?気になるけど、不安だけど、なかなか踏みだせない。福島のひとたち、苦しんでるひとたちのため、力になりたいけ...

Read more

参加者一覧

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.