ごうけいほうもんしゃすう

参加者 : 高橋哲男(なんとがなっぺProject)

楽器支援をする活動を仙台市内の有志で行っているグループです。これまでに気仙沼、石巻、陸前高田にて高校生やアマチュアミュージシャンへ支援活動を行っています。楽器支援の報告を通して音楽家の今とこれからを記録し申請の過程を県内の音楽家と共に考えていきたいと思います。
記録と想起・イメージの家を歩く

記録と想起・イメージの家を歩く

会期   2014年11月15日(土)から 2015年1月12日(月)まで     ※ 11月27日および12月29日から1月3日は休館...

Read more
なんとがなっぺPROJECT vol.2

なんとがなっぺPROJECT vol.2

震災直後から被災した宮城在住の音楽に関わる方々がどのように音楽と接し、或いは接しなかったなどお聞きして「音楽」がいかな存在か聞いていくこ...

Read more
3.11東日本大震災後の仙台市内の扉の景色

3.11東日本大震災後の仙台市内の扉の景色

2011年3月11日に発生した東日本大震災。その後ライフラインの復旧しない仙台市内の街なかには独自のサービスを提供する商店の手書きの貼り...

Read more
なんとがなっぺPROJECT

なんとがなっぺPROJECT

<活動報告会>4月下旬よりはじめた楽器支援の現状を報告します。<パネルディスカッション>「音楽の力~震災 その時、あなたにとって音楽の存...

Read more

参加者一覧

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.