ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : 前震

東日本大震災の2日前、2011年3月9日11時45分。三陸沖を震源地とするM7.3、最大震度5弱の地震が発生し、北海道から関西までが揺れました。
この日、東北の沿岸部では微弱な津波が起きました。南三陸町では、数時間続いたという海面変動の様子が携帯電話で撮影されており、中には、海底の石が見えるほどの引き波が起きていた様子を写したものもありました。
その後も、弱い揺れが継続的に起きました。
そして、2日後、今度は北海道から九州までが揺れ、津波はさらに遠く、沖縄、南太平洋を越えて地球の裏側、南米の方まで伝播したといいます。

前震

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「前震(p12-13)」の解説より




南三陸町歌津字寄木 津波到来2日前とその後

南三陸町歌津字寄木 津波到来2日前とその後

宮城県南三陸町歌津寄木、丸七水産の高橋七男さん。1階が工場、2階が住居となっていた高橋さん宅は、この度の津波で大きな被害を受けました。七...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.