ごうけいほうもんしゃすう

キーワード : 言い伝え

今回の津波では、仙台市若林区にある仙台東部道路の盛土構造が堤防の役割を果たし、津波の力を弱めたようです。江戸時代の慶長地震(1611年)では、もちろん現代のような構造物はなく、波はより内陸部の広範囲に及んだことでしょう。
海から直線で約5.5km離れている仙台市若林区の浪分神社では、「かつて津波が神社の前で分かれた」という言い伝えのとおり、今回の津波が神社創建時の地点の数百m手前まで達したそうです。さらに内陸に位置する蛸薬師堂には「蛸のついた観音様が打ち上げられた」という伝承もあります。 震災後、こうした言い伝えの残る場所の名前と由来を初めて知りました。

言い伝え

3がつ11にちをわすれないためにセンター活動報告冊子(2015年2月発行 )」
「言い伝え(p46-47)」の解説より




蛸薬師堂の言い伝え

蛸薬師堂の言い伝え

宮城県には、現在では海とは縁遠いような場所にも「仏像・ご神体が流れ着いた」という種類の伝説が点在しています。仙台市太白区にある蛸薬師堂に...

Read more
浪分神社とその伝承

浪分神社とその伝承

仙台市若林区霞目にある浪分神社、建立当時は現在の場所から500メートルほど南東の、今より海岸に近い場所にあったそうです。この神社は稲荷神...

Read more

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.