ごうけいほうもんしゃすう

女川 2012年1月 前編

比較画像

写真はすべて上:2011年4月、下:2012年1月。

国道398号線より浜を望む。あのとき津波は左手に見える町立病院の一階まで到達したと聞く。4月の写真には病院の手前にひっくり返った乗用車が見える。
1月になり、瓦礫は取り除かれ、被害のあった建築は取り壊された。
4月の時点で電線をかけなおしていた電柱には街灯がついた。

女川比較9.jpg

町立病院より黄金町方面を望む。 見渡す限りすべてのものが、と言うと誇張だろうか。多くのものがなくなってしまった。 道路によって分けられた区画が、ここに町があったという事を物語る。

女川比較1.jpg 女川比較2.jpg

津波により横転、津波被害資料として残されることが検討されている江島共済会館。

女川比較3.jpg

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.