ごうけいほうもんしゃすう

3月12日はじまりのごはん/個人商店 04「コンビニやスーパーが使い物にならなかったので野菜などは、普段行かないような個人商店を利用していました。」

NPO法人20世紀アーカイブ仙台 & わすれン!協働企画



この記事は、「3月12日はじまりのごはん」の展示期間中に来場者が貼ったふせんやパネルの様子を紹介するものです。展示された各パネルの概要は[いんでっくす]ページをご覧ください。

▼「3月12日はじまりのごはん」とは
▼ふせんのコメントについて



[2014年秋]展示パネル

1

[2014年秋]展示概要

期間:2014年10月1日〜11月16日
会場:せんだいメディアテーク




[2015年春]展示パネル

1
   ※[2014年秋]展示時のふせんが付いたパネルに、来場者がコメントを書き足したものです。
   ※英語で書かれたふせんは、矢印の先にある日本語のふせんを英訳したものです。

[2015年春]展示の様子
期間:2015年2月20日〜3月18日
会場:せんだいメディアテーク





[パネルに寄せられた来場者のコメント]
写真の内容や場所に直接関係のないコメントもあります。

▷1日店舗の頃から知っています。まるごさんありがとう。

▷被災したのは一緒なのに、一早く再開した個人商店。野菜等商品を売ってくれたのはありがたかった。
Although they were afflicted by the earthquake, just like the rest of us, the family-run stores resumed business as soon as possible. I was so grateful they were selling things like vegetables.

▷自分は塩竈住まいですが、港町は、被害がひどかったにも関わらず、本町商店街では一早くお店を出してる方がいました。津波の砂にまみれてる保存食品やビンつめ・缶類を安く提供してくれました。個人店おそるべしです。

▷コンビニやスーパーが使い物にならなかったので野菜などは、普段行かないような個人商店を利用していました。

▷個人商店で白菜980円/ケで売っていたのを思い出しました。良心ばかりではないなって感じました。
I remember a family-run store which was selling napa cabbages for 980 yen each. I felt that not everyone was acting according to the best principles.


ふせんのコメントについて
この展示には、仙台市内はもとより、沿岸部・内陸部、宮城県内外、国内・海外を問わず、大人から子どもまで、さまざまな立場の方々が来場され、展示された震災時の写真から想起したことを、ふせんに書いてくださいました。ここでは、その寄せられたコメントの原文を、そのまま掲載しています。なお、灰色の英文は日本語のコメントを翻訳したものです。





[基になった写真]

「個人商店はいち早く開店し商品を提供」*

2011年3月17日小地沢将之さん

2011年3月17日 宮城県仙台市宮城野区宮千代2丁目2-1
記録:小地沢将之さん

*出典:写真集「3.11キヲクのキロク—市民が撮った3.11大震災 記憶の記録—」
発行・提供:NPO法人20世紀アーカイブ仙台


この写真の記録者のエピソードは、次のリンクからお読みいただけます。
【しゃしんときじ】正しい情報を持ちかえらないと何も始まらないと思い、カメラを持って出かけた




「3月12日はじまりのごはん」とは
炊き出し、買い物、食卓の風景など、震災時の「ごはん」にまつわる写真を展示し、それらの写真を見て思い出したことや当時の暮らしぶりなどを、来場者に自由にふせん紙に書いてもらう参加型展示です。この展示は、NPO法人20世紀アーカイブ仙台と3がつ11にちをわすれないためにセンター(わすれン!)が協働で企画しました。
展示された各パネルの概要や利活用事例等は[いんでっくす]ページをご覧ください。





月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.