ごうけいほうもんしゃすう

センターについて

3がつ11にちをわすれないためにセンターとは

3がつ11にちをわすれないためにセンターとは

発信はさまざまな支援活動を応援し、記録は未来への財産となるように。

せんだいメディアテークは2011年5月3日、東日本大震災による甚大な影響に対し、ともに向き合い考え、復興への長い道のりを歩きだすため「3がつ11にちをわすれないためにセンター」を開設しました。

市民、専門家、アーティスト、スタッフが協働し、復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとなるこのセンターでは、映像、写真、音声、テキストなどさまざまなメディアの活用を通じ、情報共有、復興推進に努めるとともに、収録されたデータを「震災の記録・市民協働アーカイブ」として記録保存しています。

センターにある「スタジオ」にはビデオカメラ等の取材機材が用意されている他、テキストの執筆、映像や写真の編集、インターネットへの配信などの作業が可能です。

記録は適切な権利処理がなされたのち、「震災の記録・市民協働アーカイブ」として整理・保存され、ウェブサイトでの公開、ライブラリーへの配架、展示や上映会の開催、さらには記録を囲み語る場づくりなど、さまざまな形で利活用されています。

わすれん

「スタジオ」活動の模様 1「スタジオ」活動の模様 2「スタジオ」活動の模様 3

「スタジオ」活動の模様

リンクファイル

わすれン!ちらし (pdf)
わすれン!参加申込書 (pdf)
わすれン!取材の手引き (pdf)
わすれン!提出の手引き (pdf)

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2021 sendai mediatheque. All rights reserved.