ごうけいほうもんしゃすう

【経路研究所】 ケース@仙台市立荒浜小学校

~より高い場所へ~

明日への経路を見つけるための小さなヒントの研究所。
海岸から約700mの場所に位置する荒浜小学校。
地震発生から津波が到達するまで、実際は70分ほどあったそうですが、その時はあっという間に津波が押し寄せてきたように感じました。目に映る光景があまりにも衝撃的で、­非常サイレンの音もまったく耳に入りませんでした。予想以上の津波の高さに、屋上まで避難していた子供たちと住民の方々。
周囲が真っ暗な中、石油タンクが爆発した炎だけが見え、子供たちがとても怖い思いをしたと思います。
校舎が倒れずに残ったおかげで、避難してきた方々の多くの命を守ることができました。校舎に対してほんとうに感謝しています。

【経路研究所とは】
3がつ11にちに、地震から津波が来るまでをどのように過ごしたか。そこからより高い場所へ避難し、救助されるまでを時系列で整理することで、津波に遭遇した方々の避難経路を研究するシリーズです。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2017 sendai mediatheque. All rights reserved.