ごうけいほうもんしゃすう

仙台七夕

震災後はじめてとなる仙台七夕祭。 震災より五か月を経た八月、仙台市中心部には活気が戻っていた。 全国各地より集まった震災からの復興を祈念する七夕飾りを加え、例年通りの規模を保った仙台七夕は主催側の予想を超える200万人を超える人出となったと聞く。

仙台七夕 2011/8/8 仙台七夕 2011/8/8 仙台七夕 2011/8/8 仙台七夕 2011/8/8

定禅寺通には、全国各地から贈られた折鶴やメッセージが数多く飾られていた。

仙台七夕 2011/8/8

一番町商店街に入ってからも、折鶴の吹流しが目立つ。

仙台七夕 2011/8/8 仙台七夕 2011/8/8

藤崎の吹流しは、仙台市内の小学校の児童生徒が折った折鶴でできている。

仙台七夕 2011/8/8

博多まちづくり協議会の吹流し。

仙台七夕 2011/8/8

一番町四丁目商店街、三越前。例年通りの吹流しが見られる。

仙台七夕 2011/8/8 仙台七夕 2011/8/8 仙台七夕 2011/8/8

サンモール一番町まで来ると、混雑も和らぐ。

仙台七夕 2011/8/8

いろは横丁の吹流し。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2019 sendai mediatheque. All rights reserved.