ごうけいほうもんしゃすう

【生きられる家】

蒲生地区 二瓶さん宅

海の近く、貞山堀と七北田川に囲まれたこの土地で代々受け継がれてきた二瓶(にへい)さん宅は、このたびの津波により大きな被害を受けました。
天井近くまで波が押し寄せた家屋の1階部分。床板は1枚ずつ外し、並んでいる順番が分かるように裏に番号をふり、洗って干した後に元の位置に戻しました。建具は近所の家で­使えるものを譲ってもらい使っています。
二瓶さんは、どんなことがあっても先祖代々受け継いできた土地を守り、住み続けることが重要だと考えました。

月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2019 sendai mediatheque. All rights reserved.