ごうけいほうもんしゃすう

東日本大震災での体験や考えについて、あなた個人のことを教えてください

来場者が綴った一人ひとりの体験談を公開

2023年3月8日〜12日に開催した「星空と路」の展示会場で、来場者の方々にインタビューシートを書いていただきました。さまざまな個人が書き記した東日本大震災の体験談。想像もしなかった数々のエピソードや、正直に吐露された心情にハッとさせられます。すべて匿名で綴られた記録です。
この記事では、実際に書かれたシートを読むことができます。

※2023年10月4日追記:
「星空と路」終了後も、メディアテーク館内にある「わすれン!資料室」内にシートを常設し、日々訪れてくださる来館者の方々によって、体験談が寄せられ続けています。
また、2023年7月30日〜9月30日の期間には、仙台市若林区荒井にある「せんだい3.11メモリアル交流館」で開催した企画展「わたしたちの3.11」の展示会場内にもシートを設置し、訪れた方々に体験を綴っていただきました。

[展示会場の案内文]
東日本大震災が起きたとき、 何をしていましたか?
どんな体験をし、何を感じ、考えましたか?
さまざまな問いから出来事を振り返るワークシートのようなものを用意しました。
あなた個人の体験や思いを書いて、教えてください。

シートの内容

東日本大震災での体験や考えについて、あなた個人のことを教えてください」という見出しの下に、以下の12の質問を用意しました。

●2011年3月11日当時のあなたのことを教えてください(年齢/住んでいた地域/ご職業など)
●地震が起きた時、どこで何をしていましたか?
●その日の夜、どのように過ごしましたか?
●災害の全容や被害について、いつ、どうやって知りましたか?
●震災後、どのようにして情報を手に入れていましたか?
●当時、読んでいた本や聴いていた音楽などはありますか?
●当時のことで、印象に残っている言葉ややりとりはありますか?
●目や耳で見聞きしたことのほかに覚えている感覚はありますか?(味、手触り、匂いなど)
●震災から時間が経ち、変わったこと、または分かったことはありますか?
●あれから、日々の行動や持ち物は変わりましたか?
●改めてあの震災について話すとしたら、誰と話したいですか?
●これから考えたいことはありますか?
●ほか、思い出したことや書きたいことなどあれば、ご自由にお書きください。

このシートのPDFはこちらからダウンロードできます。(印刷はA3サイズ推奨)
書いたものを何らかの形で送っていただけたら、「わすれン!」のアーカイブに入れさせていただきます。

集まった体験談

インタビューシートに書かれた一人ひとりの体験談をPDFでご覧いただけます。
東日本大震災(2011年3月11日)発災当時の年齢ごとに見ることができます。
下記の各項目をクリックすると、年齢順にシートが表示されます。
(2023年10月4日現在、計144枚)

震災当時 〜12歳(58枚)
震災当時 13〜19歳(18枚)
震災当時 20〜39歳(32枚)
震災当時 40〜59歳(22枚)
震災当時 60歳〜(10枚)
年齢未記入(4枚)

これらの体験談は、メディアテーク2階の「わすれン!資料室」の奥のテーブルでも読むことができます。
また、テーブルに置かれた白紙のシートに記入し、書き終えた紙を回収箱に入れていただくと、市民の記録として「わすれン!」のアーカイブに保存されます。

ご来館時にお時間がありましたら、お気軽にご参加ください。

 

 

 

 

 

[2023年5月5日公開]
[2023年10月4日更新]

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

3がつ11にちをわすれないためにセンター
(せんだいメディアテーク 企画・活動支援室内)

〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町2-1

TEL 022-713-4483

Copyright © 2024 sendai mediatheque. All rights reserved.