ごうけいほうもんしゃすう

わすれン!録音小屋とは?





ふたりひと組で震災にまつわる物語を残していく新プロジェクト「わすれン!録音小屋」が始まります!

当時のこと、そこからの暮らし、いまの気持ち。
これまで聞けなかったこと、話したかったこと。
あなたの家族や友人などに聞いてみませんか。
話し手と聞き手のふたりひと組で、録音して残し、
後世に伝えていく「3がつ11にちをわすれないためにセンター(わすれン!)」のプロジェクトです。





\どうやって使うの?/
・録音小屋は、ふたりで入る小さな録音室です。
・ふたりひと組でご参加いただき、40分間をめやすに震災にまつわるお話を録音していきます。
・録音されたお話は、後世に伝えていくことを目的に、わすれン!に保存され、公開されます。
・震災のお話を聞きたい、残したい、伝えたい、という想いのある方は、どなたでもご参加いただけます。
・ご希望の方には、お話を録音したデータを後日お送りします。


\録音小屋の流れ/



\なにを話す? /お話のてがかりとなる質問例

・震災が起こったあとどうしましたか?
・震災当時何を食べましたか?
・どれくらいの時期に仕事(学校)を再開しましたか?
・大変だったことはありますか?
・当時はげみになったことはありますか?
・震災から今までどのような生活を送ってきましたか?
・震災前と変わったことはありますか?
・わすれたくないことはありますか?
・わかりあえないと感じることはありますか?
・わかりあうためには何ができると思いますか?
・タイミングを逃したことがありますか?
・何か決断をしましたか?
・大切にしてきたものがありますか?
・最近、考えるようになったことはありますか?
・これからしてみたいことは何ですか?


\参加するには?/

【受付場所】
せんだいメディアテーク
2f 映像音響ライブラリー 受付カウンター

【受付時間】
火曜日~金曜日 10:00-18:30
土曜日・日曜日・休日10:00-16:30
お休みは、仙台市市民図書館に準じます。詳しくはお問い合わせください。

●参加の際は、受付カウンターに直接お越しください。
●先着順にご案内いたしますが、お待ちいただく場合もあります。
●空き状況等のお問い合わせは、下記までご連絡ください。

【お問い合わせ】
3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)
電話:022-713-4483


企画協力:川村智美  録音システム設計・開発:大久保雅基  制作:FACTORY-K

※録音小屋は米国NPO「StoryCorps」の活動を参考にしています。






月別アーカイブ

センターについて

せんだいメディアテークでは、市民、専門家、スタッフが協働し、東日本大震災とその復旧・復興のプロセスを独自に発信、記録していくプラットフォームとして「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)を開設しました。

詳しくはこちら
Copyright © 2019 sendai mediatheque. All rights reserved.